イメージ画像

元彼に未練があるなら

画像1

氏が本当に大切な存在だったことは、失ってみてからでないとわからないことがあります。

彼を愛していたのに彼から別れを告げられた人はもちろん、自分から考えた末に彼に別れを告げた人だって、同じようにに未練を感じることがあります。

2人がいるときには彼がいない時間は体験しようがないですから仕方がないことです。

振ったにしても振られたにしても、元彼への気持ちを「未練がましい」「ただ寂しいだけ」「もう終わったこと」と無理に閉じ込めることはありません。

人と人とのつながりは離れてみてわかることがあります。あなたが感じている気持ちは“未練”では片づけられない、元彼への純粋な愛情かもしれません。

本当は彼氏ともう1度付き合いたいと思っているならこちらのページが役に立ちます。

別れを乗り越えて愛は深まる

画像2

と女が恋愛関係になって付き合っていくのに、何の波風もたたない順風満帆というのはあり得ません。

何度も「別れ」を意識するような場面を乗り越えて愛情が深まり幸せになっていくものです。

将来への不安、性格があわない、話があわない、マンネリしてきた、浮気した・された。男女関係の終わりにはいろいろな原因があります。

結局それらの困難に立ち向かうのか別れを選択するのかは恋人同士の選択次第です。そして人間は完全ではありませんから選択を間違える生き物です。あなたが元彼に未練を感じてるのもそのためです。

人間は間違いをなおしてやり直す知恵ももっています。その未練は彼ともう一度幸せになるためのはじまりにもなるのです。


このページの先頭へ